The Fourth Herd

Woody Herman And The Fourth Herd


アル・コーンやナット・ピアース等の新しい感覚を取り入れて古いスタイルから脱却したハーマン・バンドの快演が聴けるステキなアルバム。
モダンなバップ系のノリ+ダイナミックなビッグバンドで楽しめる嬉しいナンバーが多く、同時期のメイナード・ファーガソンのドリーム・バンドの雰囲気ともダブりますね。
ズート・シムスとナット・アダレイのソロが洒落ている In A Misty Mood はベイシー・ライクにゆったりスイングするミディアム・テンポ・ナンバー。
Misery, Stay Way From My Door と The Davil And The Stoker はハーマンお得意のボーカル・ナンバーですが、バック・バンドがゴージャスなので許します。
意味不明なジャケットのデザインについてはノー・コメント。(笑)
中央ジャケットは(3,9)を除く10曲のみの中途半端なLPバージョン。
右端はアルバム「The New World Of Woody Herman」とカップリングされた2 Albums in 1CDバージョン。
同時期の4つのアルバムがセットになった4 Albums in 2CD もあります。

大好き度:★★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Catty' Corner」
ソロとアンサンブルの交錯が緊張感あふれるバップ調の急速ナンバー。
派手にバシっとキマるドン・ラモンド君のビッグバンド・ドラミングがいいですね。

1.Panatera
2.Lament For Linda
3.Misery, Stay Way From My Door
4.In A Misty Mood
5.Catty' Corner
6.The Thirteenth Instant
7.The Magpie
8.Blues For Indian Jim
9.The Davil And The Stoker
10.The Swing Machine
11.Summer Nights
12.Johnny On The Spot

Woody Herman:clarinet,alto sax,vocal
Marky Markowitz,Reunald Jones,Bernie Glow/Burt Collins(2,7,11),Red Rodney,Ernie Royal:trumpet
Bob Brookmeyer,Jimmy Cleaveland,Jim Dahi,Frank Rehak:trombone
Sam Marowitz:alto sax
Al Cohn,Dick Hafer,Don Lanphere:tenor sax
Gene Allen:baritone sax
Nat Pierce:piano
Billy Bauer:guitar
Milt Hinton:bass
Don Lamond:drums
Nat Adderley:cornet(1,4,5,8,10,12)
Zoot Sims:tenor sax(1,4,5,8,10,12)
Eddie Costa:vibes(1,4,5,8,10,12)
Barry Galbraith:guitar(1,4,5,8,10,12)

Jul.31 & Aug.1,1959