Ellington '66

Duke Ellington And His Orchestra

アルバム「Ellington 65」に続くポップス曲集で、なんと今回はビートルズ・ナンバーもカバー。
流石にポップス曲だけでは欲求不満がたまるのか、オリジナル2曲があるのはささやかな抵抗ですかね。
フリークでなくてもソロを誰が吹いているか一発でわかるのはエリントン・バンドならではです。
右ジャケットは、アルバム「Will Big Bands Ever Come Back?」,「Ellington 65」,「Mary Poppins」とこのアルバムの4枚からピックアップした12曲を収録した国内盤コンピLP。

大好き度:★★

◎なかでもこの1曲! → 「Ellington '66」
このアルバムのために書き下ろされたと言うエリントンのオリジナル。
シンプルで軽快なテンポの曲ですが、アンサンブルのサウンドはエリントン・バンドそのものです。

1.Red Roses For A Blue Lady
2.Charade
3.People
4.All My Loving
5.A Beautiful Friendship
6.I Want To Hold Your Hand
7.Days Of Wine And Roses
8.I Can't Stop Loving You
9.The Good Life
10.Satin Doll
11.Moon Liver
12.Ellington '66

Cootie Williams,Cat Anderson,Herbie Jones,Mercer Ellington(2-4,7-11):trumpet
Lawrence Brown,Buster Cooper,Chuck Connors:trombone
Russell Procope:alto sax,clarinet
Jimmy Hamilton:tenor sax,calrinet
Johnny Hodges:alto sax
Paul Gonsalves:tenor sax
Harry Caney:baritone sax,clarinet,bass clarinet
Major Holley:bass
Sam Woodyard:drums
Duke Ellington:piano
Ray Nance:violin,(4,7,10,11)

May.19,1964, New York (2,3,8,9)
Jan.19,1965, New York (4,7,10,11)
Jan.21,1965, New York (1,5,6,12)