Mary Poppins

Duke Ellington And His Orchestra

エリントンの新境地か?コマーシャルの極致か?の議論が起こりそうなアルバム。
しかしどんな曲でもエリントン・サウンド以外の何物でもないところがこのバンドの偉大なところです。
どの曲も元映画のイメージは微塵もありませんが、中でもパーカッションとボウイング・ベースでテーマを奏でたり不況和音ちっくなアンサンブルが漂う Step In Time には意表を突かれます。

大好き度:★★

◎なかでもこの1曲! → 「Supercalifragilisticexpialidocious」
このミュージカルで見せ場である奇想天外な曲を、ポール・ゴンザルベスの目まぐるしいソロで吹き抜けるこのアルバムの見せ場?(笑)

1.A Spoonful Of Suger
2.Chim Chim Cheree
3.Feed The Birds
4.Let's Go Fly A Kite
5.Stay Awake
6.I Love To Laugh
7.Jolly Holiday
8.Sister Duffragette
9.The Perfect Nanny
10.Step In Time
11.The Life I Lead
12.Supercalifragilisticexpialidocious

Cootie Williams,Cat Anderson,Herb Jones,Nat Woodard:trumpet
Lawrence Brown,Buster Cooper,Chuck Connors:trombone
Russell Procope:alto sax,clarinet
Jimmy Hamilton:tenor sax,calrinet
Johnny Hodges:alto sax
Paul Gonsalves:tenor sax
Harry Caney:baritone sax
John Lamb:bass
Sam Woodyard:drums
Duke Ellington:piano

Sep.6-9,1964, Chicago