Live In Stereo From La Cabaret Casino, Paradsie Island,
Nassau, Bahamas Vol.2

Count Basie & His Orchestra

バハマの首都ナッソーでのライブ音源のVol.2で、Vol.1に引き続いてセカンドセット・ステージを楽しめます。
この時代のベイシー・バンドに欠かせないエディ・ロックジョウ・デイビスのテナーも冴えわたってますし、独特のヨーデル系?スキャット・ボーカルを披露するリチャード・ブーン君も健在です。(笑)
特にオープニングの Splanky から One Mint Julip までの3連発のアンサンブルのキレの良さはアトミック時代を彷彿とさせせるノリですね。
ラストを盛り上げる超絶ナンバー Magic Flea でのハロルド・ジョーンズの華麗なドラミングは流石と言うほかありません。

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Hittin' Tweleve」
元々ノリの良いナンバーですが、恐ろしいくらいの強烈なビート感で怒涛のごとくスイングしてます。

1.Introduction
2.Splanky
3.Hittin' Tweleve
3.One Mint Julip
4.The Midnight Sun Never Sets
5.Boone Talk
6.I Got Rhythm
7.The Magic Flea
8.One O'Clock Jump

Al Aarons,Sonny Cohn,Oscar Brashear,Gene Coe:trumpet
Frank Hooks,Grover Mitchell,Bill Hughes:trombone
Richard Boon:trombone,vocal
Marshall Royal,Bobby Plater:alto sax,clarinet
Eddie "Lockjaw" Davis:tenor sax
Eric Dixon:tenor,flute
Charlie Fowlkes:baritone sax
Count Basie:piano
Freddie Green:guitar
Norman Keenan:bass
Harold Jones:drums

Feb.12,1969, Bahamas