In Concert At The Pleyel Paris Part2

Duke Ellington And His Famous Orchestra

1958年の欧州ツアーのうち、パリ公演の模様を収録した2枚のアルバムの2枚目。
定番エリントン・ナンバーのメドレー以外は、メンバーのピックアップ・ソロで楽しませる曲がメインです。
M.C.Blue は、ジョニー・ホッジスのメロウなソロとオジー・ベイレーのボーカルによるデュエット・ナンバー。
ハッピーにスイングする Stompy Jones は、エリントンにしては軽いナンバーですね。
ラストの Hawk Talks も珍しいかも。

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Take The "A" Train」
レイ・ナンスのボーカル・パフォーマンスとポール・ゴンザルベスのソロによるエンターテイメント・バージョン。
ユニークなレイ・ナンスのボーカルは相変わらずですが、後半のゴンザルベス君のソロが聴きものです。

1.El Gato
2.Take The "A" Train
3.M.C.Blue
4.V.I.P.Boogie
5.Jam With Sam
6.Stompy Jones
7.Hi Fi Fo Fum
8.Medley
 Don't Get Around Much Anymore
 Do Nothin' Till You Hear From Me
 Mood Indigo
 I'm Beginning To See The Light
 Sophisticated Lady
 I Got It Bad And That Ain't Good
 Caravan
 Just Squeeze Me
 It Don't Mean A Thing
 Stain Doll
 Solitude
 I Let A Song Go Out Of My Heart
9.Hawk Talks

Ray Nance,Harold "Shorty" Baker,William "Cat" Anderson,Clark Terry:trumpet
Quentin Jackson,Britt Woodman,John Sanders:trombone
Johnny Hodges,Harry Carney,Russell Procope,Jimmy Hamilton,Paul Gonsalves:sax
Duke Ellington:piano
Jimmy Woode:bass
Sam Woodyard:drums
Ozzie Bailey:vocal

1958,Paris