In Concert At The Pleyel Paris

Duke Ellington And His Famous Orchestra

1958年の欧州ツアーのうち、パリ公演の模様を収録した2枚のアルバムのVol.1。
雰囲気や収録曲は同ツアーの他の公演とほとんど同じですが、いずれもこの時代のエリントン・バンドの充実ぶりを堪能できる貴重な音源ですね。
ジャケット・ブックレットはシンプルですが、未発表ライブ音源でお馴染みのMAGICレーベルです。
"A"抜きのオープニング・クレジットは意図あり?

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Newport Up」
ジミー・ハミルトン、クラーク・テリー、ポール・ゴンザルベスの目まぐるしいソロ・リレーで駆け抜ける爆速ショー・アップ・ナンバー。
なんだかんだ言ってもこの手の曲は盛り上がりますよね。笑

1.Take The Train
2.Black And Tan Fantasy/Creole Love Call/The Mooche
3.Harlem Airshaft
4.Tenderly
5.Jeep's Blues
6. The Sunny Side Of The Street
7.C Jam Blues
8.Dukes Place
9.Rockin' In Rhythm
10.Such Sweet Thunder
11.Caravan
12.Newport Up

Ray Nance,Harold "Shorty" Baker,William "Cat" Anderson,Clark Terry:trumpet
Quentin Jackson,Britt Woodman,John Sanders:trombone
Johnny Hodges,Harry Carney,Russell Procope,Jimmy Hamilton,Paul Gonsalves:sax
Duke Ellington:piano
Jimmy Woode:bass
Sam Woodyard:drums
Ozzie Bailey:vocal

1958,Paris