Screen Jazz & Rock

原信夫とシャープス&フラッツ

1960年代後半の映画音楽をインストルメンタルで聴かせるアルバムで、アレンジは小山恭弘。
特にジャズ的な要素は無く、ナントカ・ポップス・オーケストラみたいな感じです。
随所でオルガンとエレキ・ギターが目立ちますが、特に Let It Be の後半はエレキ・ギターの独壇場・・・。

大好き度:★

◎なかでもこの1曲! → (すみませんがパス)

1.Bridge Over Troubled Water
2.Let It Be
3.Stay
4.Le Voyou
5.They Call Me Mister Tibbs
6.You Don't Have To Say You Love Me
7.Melody Fair
8.Woodstock
9.The Sound Of Silence
10.The Look Of Love
11.Citta' Violenta
12.Le Mans

原信夫,西村昭夫:tenor sax
前川元:alto & soplano sax
鈴木孝二:alto sax,flute
森川信幸:baritone sax
谷山忠男,橋爪智明,川口日出男,中島正弘:trombone
森川周三,佐波博,隅山時一,岸義和:trumpet
大野肇:piano,organ
竹内弘:bass
中村吉夫:drums
幾見雅博:guitar
小山恭弘:arr,piano

Oct.1971, TOKYO