Fresh Up

The Duke Ellington Orchestra

1976年の来日時に日本でレコーディングされたアルバムで、(4)と(5)のバック・アレンジはこのアルバムをプロデュースしたロブスター企画の海老原氏。
音響メーカーとのタイアップで録音技術と高音質をアピールしたこの時代にありがちな企画のアルバムです。
(ただし、この時期に流行していたダイレクト・カッティングではありません)
内容と演奏はいろいろな意味で想像通りですが、素晴らしいサウンドの割にはアンサンブルとリズムセクションがいまひとつかみ合っていないのはレコーディング環境の影響もあるかも知れませんね。
特にA列車は、数ある演奏の中でも残念な部類に入るかも知れません。

大好き度:★★

◎なかでもこの1曲! → 「It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)」
しっとりとしたバラードのイントロからテンポ・チェンジで走り出すお馴染みのナンバー。
パワフルなアニタ・ムーアのボーカルはライブで聴いてみたいですね。

1.Things Ain't What They Used To Be
2.In A Sentimental Mood
3.I Let A Song Go Out Of My Heart & Do Nothing Till You Hear From Me
4.Satin Doll
5.Solitude
6.Take The A Train
7.I Got It Bad And That Ain't Good
8.It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
9.Mood Indigo

Mercer Ellington:conduct
Willie Singleton,Barry Lee Hall:trumpet,flugel horn
James Bolden,Robert Randridge:trumpet
Malcolm Taylor,Raymond Harris,Chuck Connors:trombone
Harold Minerve,Vincent York:alto sax,clarinet,flute
David Young:tenor sax,clarinet
Percy Marion:tenor sax,clarinet,flute
Robert Eldridge:baritone sax,bass Clarinet
Edward Ellington:guitar
Loyd Mayer:piano
Carine Ray:bass
Quinten "Rocky" White:drums
Anita Moore:vocal (4,5,7,8)

Oct.2,1976, Japan