First Time!

Duke Ellington and his Orchestra
Count Basie and his Orchestra



エリントンとベイシーを右左に配置して共演させてしまうと言う豪快な発想の
企画物で、およそレコード/CD屋に行けば必ず置いてあると思われるほどの
超定番アルバム。
両バンドのナンバーを仲良く4曲ずつ演奏しますが、随所に両バンドのスター
によるバトルが繰り広げられて楽しみがいっぱいです。
キャット・アンダーソンとサド・ジョーンズ、ポール・ゴンザルベスとフランク・
フォスター、サム・ウッドヤードとソニー・ペイン等のバトルや、両バンドの
100万ドルのサックスセクション(合計200万ドル?)の4バースとかが次々
に出てきてまさに豪華絢爛です。
ここは難しい事は抜きにして、レコード会社提供のエンターテイメントを楽しん
じゃう事にしましょう。

大好き度:★★★★

◎なかでもこの1曲!→「Take The "A" Train」
ビッグバンドの最高にして永遠のベスト・ヒット・ナンバーですよね。
ここではレイ・ナンスとソニー・コーンの4バースが聴き物ですが、
左チャンネルのベイシーのピアノがなんか雰囲気が違うと思ったら
ちゃっかりビリー・ストレイホーンが弾いているみたいです。

1.Battle Royal
2.To You
3.Take The "A" Train
4.Until I Met You
5.Wild Man
6.Segue In C
7.B D B
8.Jumpin' At The Woodside

Willie Cook,trumpet; Eddie Mullens,trumpet;
Cat Anderson,trumpet; Fat Ford,trumpet;
Ray Nance,trumpet,violin;
Lawrence Brown,trombone; Juan Tizol,trombone;
Louis Blackburn,trombone;
Johnny Hodges,sax; Russell Procope,sax,clarinet;
Jimmy Hamilton,sax,clarinet; Paul Gonsalves,sax;
Harry Carney,sax,clarinet;
Duke Ellington,piano; Billy Strayhorn,piano;
Aaron Bell,bass; Sam Woodyard,drums;

Thad Jones,trumpet; Sonny Cohn,trumpet;
Snooky Young,trumpet; Lonnie Johnson,trumpet;
Henry Coker,trombone; Quentin Jackson,trombone;
Benny Powell,trombone;
Marshall Royal,sax,clarinet; Frank Wess,sax,flute;
Frank Foster,sax; Budd Johnson,sax; Charlie Fowkes,sax;
Count Basie,piano; Freddie Green,guitar;
Eddie Jones,bass; Sonny Payne,drums;

Jul.1961, New York

Big Band Paradise