Live At The Blue Note

Duke Ellington And His Orchestra

シカゴのジャズ・クラブ「ブルー・ノート」からのライブ中継の放送音源2回分を収録したアルバム。
バンドとしてはジョニー・ホッジス他の主要メンバー数人が抜けたビミョーな時期ではありますが、ジャズ・クラブと言う事もあってかボーカル・ナンバー等も交えたリラックスした雰囲気のライブの様子が伝わってきます。
All of Me は、ジョニー・ホッジスならぬベティ・ローシェのボーカルで聴かせるナンバー。
クーティー・ウィリアムズ不在での Do Nothing Till You Hear From Me(Concerto For Cootie)も、ここではジミー・グリッサムのボーカルで聴かせます。
レイ・ナンスの渋いボーカルで聴かせるちょっとコミカルな Tulip or Turnip は、ジャズ・クラブでのライブならではのエンターテイメントか?
ハリー・カーネイのバリサク・ソロが定番の Sophisticated Lady は、ここではカーネイのバス・クラリネットからジミー・ハミルトンのクラリネットとレイ・ナンスのバイオリンにリレーする珍しいバージョン。
ラス前のA列車はスキャットが酒脱なベティ・ローシェのボーカル・ナンバー。
エンディングの Flying Home もエリントン・バンドでは珍しいですね。

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Ting-A-Ling」
The Hawk Talks と共にルイ・ベルソン作のジャンプ・ナンバー。
両曲とも、ベルソンの強烈にドライブするドラミングでアトミック・ベイシー的なイメージのナンバーです。

1.Take The 'A' Train
2.Bensonality
3.All of Me
4.Bakiff
5.The Hawk Talks
6.Do Nothing Till You Hear From Me
7.V.I.P.'s Boogie
8.Jam With Sam
9.Just a Sittin' And a Rockin'
10.Mood Indigo
11.Take The 'A' Train
12.Tulip or Turnip
13.Ting-A-Ling
14.Flamingo
15.Rockin' in Rhythm
16.Sophisticated Lady
17.Take The 'A' Train
18.Flying Home

Clark Terry,Willie Cook,Cat Anderson:trumpet
Ray Nance:trumpet,violin,vocal(9,12)
Quentin Jackson,Juan Tizol,Britt Woodman:trombone
Hilton Jefferson:alto sax,soprano sax
Paul Gonsalves:tenor sax
Jimmy Hamilton:tenor sax,clarinet
Russell Procope:alto sax,clarinet
Harry Caney:baritone sax,clarinet,bass clarinet
Duke Ellington:piano
Wendell Marshall:bass
Louis Bellson:drums
Betty Roche(3,17),Jimmy Grissom(6,14):vocal

Jul.30,1952, Chicago (1-10)
Aug.13,1952, Chicago (11-18)