Duke Ellington And The Buck Clayton All-Saters At Newport

Duke Ellington And His Orchestra
Back Clayton All-Saters

1956年のニューポート・ジャズ・フェス最終日のエリントンのステージのうち、「Ellington At Newport」に収録されなかった曲の一部と前日のオール・スターズ・ジャムセッションのステージがカップリングされたアルバムで、こちらのエリントンのステージはお馴染みのナンバーがメインです。
エリントンの4曲は「Ellington At Newport」のコンプリート版CDでも聴けます。

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Skin Deep」
ドラムのルイ・ベルソンが在籍していた時の彼のショー・ケース・ナンバーでベルソン自身のオリジナル。
ここでは珍しくサム・ウッドヤード君が大暴れしています。

1.Take The "A" Train
2.Sophisticated Lady
3.I Got It Bad And That Ain't Good
4.Skin Deep
5.You Can Depened On Me
6.Newport Jump
7.In A Mellotone

(1-4)
Cat Anderson,Clark Terry,Willie Cook,Ray Nance:trumpet
Britt Woodman,John Sanders,Quentin Jackson:trombone
Johnny Hodges:alto sax
Paul Gonsalves:tenor sax
Russell Procope:alto sax,clarinet
Jimmy Hamilton:tenor sax,clarinet
Harry Caney:baritone sax
Duke Ellington:piano
Jimmy Woode:bass
Sam Woodyard:drums

(5-7)
Back Crayton:trumpet
J.J.Johnson:trombone
Coleman Hawkins:tenor sax
Dick Katz:piano
Benny Moten:bass
Gus Johnson:drums

Jul.6(5-7) & 7(1-4),1956, Newport