Birks' Works

Dizzy Gillespie Big Band

中近東派遣の米国音楽使節団バンドのアルバム第三弾。
バラエティに富んだレパートリーをガレスピー流のエネルギッシュなバンド・カラーで楽しく聴かせます。
Umbrella Man はガレスピー自身のボーカル・ナンバー。
ガレスピーのオリジナルの Tangorine は、ビッグ・バンドでは珍しいタンゴ・ナンバー。
(6),(7),(8)はオースティン・クローマーと言う歌手のボーカル・ナンバーですが、ビリー・エクスタインを彷彿とさせるノビのある艶やかな素晴らしい歌声ですね。
CDバージョンは、アルバム「Dizzy In Greece」,「World Statesman」とあわせた 3LP in 2CD もあります。

大好き度:★★★

◎なかでもこの1曲! → 「Left-Hand Corner」
アーニー・ウィルキンス作のハイテンポ超絶ナンバー。
アトミック時代のベイシー・バンドのノリを彷彿とさせるカッコいい曲です。

1.Jor-Do
2.Birks' Works
3.Umbrella Man
4.Autumn Leaves
5.Tangorine
6.Over The Rainbow
7.Yo No Quiero Bailar
8.If You Could See Me Now
9.Left-Hand Corner
10.Whisper Not

Dizzy Gillespie,Edward Lee Morgan,Ermet Perry,Carl Warwick,Talib Dawud:trumpet
Al Gray,Rod Levitt,Melba Liston:trormbone
Ernie Henry,Jimmy Powell:alto sax
Billy Mitchell,Benny Golson:tenor sax
Billy Root:baritone sax
Charlie Persip:drums
Wynton Kelly:piano
Paul West:bass
Austin Cromer:vocal

Mar.27,1957 Los Angeles
Apr.7-8,1957 New York