Carnegie Hall Concert

The Dizzy Gillespie Big Band

タイトルどおりのアルバム。
4ラッパ,4ボントロに加えて4フレンチ・ホルンにチューバと言う強力なブラス隊のガレスピー・バンドのパワーは相変わらずですが、お行儀の良いコンサート・ホールでのステージのせいかちょっと物足りなさも感じるアルバムです。
定番の Manteca もショート・バージョンのせいかちょっと欲求不満気味かも。
ガレスピーとジョー・キャロルのスキャット・デュエットによる Ool Ya Koo は、ガレスピー・バンドならではのコミカルなバップ・ナンバー。
Tunisian Fantasy は、A Night In Tunisia も含めた組曲風仕立てです。

大好き度:★★

◎なかでもこの1曲! → 「This Is The Way」
唯一のサックス・プレイヤーのレオ・ライトをフューチャーしたバラード・ナンバー。
レオ・ライトのエモーショナルかつパワフルなアルト・ソロが素晴らしいです。

1.Manteca
2.This Is The Way
3.Ool Ya Koo
4.Kush
5.Tunisian Fantasy

Dizzy Gillespie:trumpet,vocal
Clark Terry,Bama Warwick,John Frosk,Nick Travis:trumpet
George Matthews,Arnet Sparrow,Britt Woodman,Paul Faulise:trombone
Gunther Schuller,Jim Buffington,John Barrows,Richard Berg:french horn
Ray Barretto,Julio Colazo,Jose Mangual:percussion
Leo Wright:flute,alto sax
Don Butterfield:tuba
Lalo Schiffrin:piano
Arher Davis:bass
Chuck Lampkin:drums
Joe Carroll:vocal

Mar.4,1961, New York